南チロル、シューナールス谷の農家

今日は南チロル地方について触れてみたいと思います。

南チロルってどこ?

イタリアの北東部には、【トレンティーノ=アルト・アディジェ特別自治州】という州がありますが、この州はボルツァーノ自治県:スッドティロル[南チロル](独名)/アルト・アディジェ(伊名)とトレント自治県:トレンティーノの南北の2県で構成されています。

日本でもよく聞かれるチロルという地域はオーストリアのチロル州と上記のイタリアのスッドティロル[南チロル]から構成された地域のことを指します。

このスッドティロル地方のことを、以下[南チロル]と呼ばせてもらいます。

まずティロル/チロルの名の由来は、この南チロルのメラーノの北側にあるティロロ村の地名から由来しているようです。話されている言語は、イタリアであるにもかかわらず約75%の住民がドイツ語を話し、一部の地域(約5%の住民)では古くから使われているラディン語が話されていて、イタリア語はわずか25%話されているだけなのです。

こうなると道路標識も2~3言語を使用しているところも多く、日本では目にしない標識に出会います。

地理的には、世界遺産のドロミティ地方が、ほぼこの南チロル地方のアディジェ川を挟んで東側に位置します。対してアディジェ川の西側のボルツァーノ周辺にはワイン街道があり、品質の高いワインを生産していて、また 同じ地域ではリンゴも豊富に生産されていて、とても豊かな地域なのです。

ヨーロッパでは、イタリアのビールはワインと違ってあまり評価されていませんが、南チロルにはフォルストという地ビール上醸造所があります。メラーノの西にあるここフォルストのビールは、イタリアビールと言えど侮れません。ということで、南チロルはビールもワインも美味しく、アルコールがダメな方にはアップルジュースもあります。食事はチロル郷土料理とイタリアンのミックスです。
そして古くからこのような国境付近の土地では切磋琢磨して生活されているので、食事だけでなくホテルサービスから人々のもてなしまでが素晴らしく、ヨーロッパでもNO.1の場所だと思っています。

南チロルではドロミテがとても有名ですが、日本でよく知られているのはドロミテの東側が多く西側はあまり知られていませんが、西側もとても迫力ある山々をご覧いただけます。

さらにドロミテから西側に移動すると、ボルツァノの北側には、ソプラボルツァノからコッラルボまで 全長6.6㎞のかわいいリッテン鉄道(独語)/レノン鉄道(伊語)が走っています。このコッラルボから先へさらに歩くとアース・ピラミッドという奇岩をご覧いただけます。またボルツァーノからさらに西側へ進むと温泉保養地のメラーノが有名で、さらに西側には、オーストリアのエッツ谷の南側にあたる、シュナールス谷(独語)/セナレス谷(伊語)があります。この谷では毎年9月の中下旬に夏の間オーストリア側で放牧された羊たちがイタリア側に戻ってくるシープ・アプトリーブという祭りが行われますが、その羊の数が数千頭ではくりょくあるお祭りをご覧いただけます。

まだまだお伝え出来ないほど南チロルは魅力にあふれているところです。少しでも多くの方に大好きなこの地方をご紹介できればと思います。

写真は、コンバル湿原(ツールドゥモンブラン/イタリア側)

ヨーロッパでは色々な言語で縦走路を意味する言葉があります。さらに高い/高所の意味がイタリア語でALTA、フランス語でHAUTE、ドイツ語でHOEHEと言います。そんな高所をつなぐ山岳ハイキングルートが、ヨーロッパのあちらこちらにきっちり整備されて存在しています。

※各国語、高所縦走路の呼び方  ①ALTA VIA/アルタヴィア(イタリア語)  ②HAUTE ROUTE/オートルート(フランス語)  ③HOEHENWEG/ホーエンヴェーグ(ドイツ語)  ④HIGH ALPINE ROUTE/アルパインルート(英語)

★ walkworldが選んだ ヨーロピアントレイル ベスト3
1位: TOUR DU MONT BLAN(TMB)/ ツールドモンブラン/約170㎞
2位:
ALTA VIA DOLOMITI  No.1 /アルタヴィアドロミテ/約150㎞
3位: HAUTE ROUTE/オートルート/約180㎞

ヨーロッパでもっとも有名な山小屋縦走路は何といっても TOUR DU MONT BLAN(TMB)/ ツールドモンブラン/約170㎞ です。
ただこの縦走路のフランス側はフランスのHAUTE ROUTEの一部、イタリア側はイタリアのALTA VIAの一部ということになります。

次にイタリアで①ALTA VIA/アルタヴィアという言葉を使用したルートで 最も有名なのはALTA VIA DOLOMITI  No.1 /アルタヴィアドロミテ/約150㎞です。 ALTA VIA DOLOMITI  No.1 に関しては、こちらのページをご覧ください!
http://ALTA VIA DOLOMITI No.1
実はALTA VIA DOLOMITIにはこのほかNo.2~6まで存在します。 もちろんイタリア中に別のALTA VIA~も存在します。

写真は、ALTA VIA DOLOMITE 1のセネス小屋正面の牧草地はかつて軍用の滑走路

続いてフランス語を使った②HAUTE ROUTE/オートルートで最も有名なのは、シャモニー~ツェルマット/約180㎞を繋ぐルートです。ただ、フランス中 には別のオートルートも多く存在します。
特にフランス国内ではHRP=オートルートピレネー(GR10)/180㎞やコルシカ島を南北に縦断するのGR20/180㎞がとても有名です。

写真は、 ピレネー、フランス側 GR10ゴーブ谷の南端の秀峰ヴィニュマレ峰

③HOEHENWEG/ホーエンヴェーグはドイツ語ですが、ドイツには高い山が少なく、オーストリアのチロルや、イタリアのドイツ語圏、南チロル州のドロミテにも多くあります。 中でもオーストリアのチロル州を東西に連なるADLERWEG/アドラーヴェーグ/300㎞ (イーグルウォーク/英語名)は最も有名で、そのコースの南側にあるチラータールのZILLERTALER HOEHENWEG/85㎞やシュテューバイタールのSTUBAIER HOEHENWEG100㎞も氷河を眺めながらしっかり歩け、ツールドモンブランなどに比べ人も少なく静かに歩けるルートとしてもとても有名です。

写真は、 ZILLERTALER HOEHENWEG で最も有名なベルリナー小屋

また、こちらは高所ではありませんが、チロルらしい牧歌的な風景が広がるLECHWEG/レッヒヴェーグ/125㎞はレッヒからドイツのフュッセンまで続く下り主体のルートで、 この周辺でも特に水のきれいなレッヒ川に沿って歩けます。さらにアルプスの山々も眺め、この土地古くから生活を営む農家が点在する温かい雰囲気の谷を歩け、宿泊もペンション(民宿)からホテルまで選択肢が多く、食事も美味しくおもてなしも素晴らしいヨーロッパ内でもとても人気があるコースなのです。

④HIGH ALPINE ROUTE/アルパインルートはヨーロッパでとても山歩き好きなイギリス人が付けた英語名で全てのルートに該当します。

あなたはどんなルートに魅力を感じられますか?

上記以外にも、私のイチオシはイタリア北部のアオスタの近郊にある TOUR DU MONT FALLERE(TMF)/ツールドファッレーレ/35㎞からはアルプスの名だたる山々、モンブラン、グランドジョラス、チェルヴィーノ(マッターホルン)、グランパラディーゾなどを望め、さらに山小屋のクオリティーも素晴らしく最高の縦走を約束してくれます。

●walkworldではこれらの縦走路の宿泊手配、荷物の搬送手配、ガイドの手配(英語)、ルートのご案内(地図をお作りします)まで、お客様のご希望の日数や難易度に応じてカスタマイズしてご案内させていただきます。

※ただしルートのご案内だけは致しかねます。宿泊、搬送、ガイドなどの手配のうち2つ以上のご依頼からご相談に応じさせていただきます。

何卒ご理解のほど、よろしくお願い致します。

この時期はヨーロッパフラワーハイキングの最盛期です。多くのお客様がご出発されていらっしゃいます!
私も例年通り日々手配の仕事に追われています。
ところで私が勝手に”ハイキングルメ!”と名付けていますが、この名前にピッタリなのがドロミテです。
これまで何度も説明していますが、ドロミテの多くの土地は第1次世界大戦まではチロルが支配していました。
現在はイタリア領ですが、文化もチロル文化とイタリア文化が混在しています。
このように文化が混在している場所では、そこに住む人々が切磋琢磨して食事やサービスの質が上がるようです。この地域も例外なく山小屋でもとてもおいしい食事をお召し上がっていただけます。

一例ですが、セッラ峠を起点にプラットコーフェル山<ドイツ語>(サッソ・ピアット山<イタリア語>)の南麓をシウジ高原の方へ進めば、緩やかなハイキングルートの中に咲き誇る花々と険しいドロミテの山々の雄姿が楽しめます。時期がうまく合えばエーデルワイスにも出会えるでしょう!

こちらはセッラ峠から歩き始めて少しのところです。7月上旬はこのようにとても多くの花々をご覧いただけます。

数年前にリニューアルしたプラットコーフェル小屋<ドイツ語>(サッソ・ピアット小屋<イタリア語>)は、私のお気に入りの山小屋の一つです。町のレストランで食べれるような食事が、標高2300mのこの山小屋で味わえます。https://www.plattkofel.com
こちらの山小屋は、快適さ、食事、景観、どれをとっても素晴らしい山小屋です。

これぞ”ハイキングルメ!”を満喫できる場所です。是非一度お越しください!

日本でドロミテといえばコルチナ・ダンペッツォ、トレチーメ、ミズリーナ湖などの地名が有名です。
それではドロミテのアルタ・バディアって?
どこなの?
と思われる方の方が多いことでしょう!

ということで、説明しますと、
ドロミテの中心にはセッラ山塊(1周約50km)があります。その周りを車で1周できるようになっています。毎年7月には自転車レースも開かれる有名なコースです。
そのセッラ山塊の北東角周辺の村々の総称をアルタ・バディアと呼びます。トスカーナに住む私の友人もバカンスといえばアルタ・バディアというくらいイタリア人から有名な場所です。

では、何故そんなに有名かというと、この地は第1次世界大戦まではチロルの統治でドイツ語を話す地域でしたが、大戦後イタリアに割譲され、今に至ります。そのためホテルのクオリティーはイタリアではなくてチロルなので星ひとつ分ぐらいイタリアのホテルよりクオリティーが上がります。さらに食事はチロル料理×イタリア料理なので、山岳地域でもアドリア海から魚も運ばれ標高2000mを超える山小屋レストランでもロブスターが提供されるほどです。

スポーツは冬は1枚のスキーパスで約1000kmを滑れるアルペンスキー、夏は自転車やハイキングと1年を通して楽しめるリゾートなのです。

【泊まる×遊ぶ×食べる】全てが世界最大級レベルなのですよ。

はっきり言って、こんなリゾート他にないでしょう。

さてアルタ・バディアというのは地域の総称といいましたが、村はコルヴァラ、コルフォスコ、ラヴィッラ、サン・カシアーノ、バディア、ラヴァルという村々からなります。この地域の人たちはラテン語の原型でもあるラディン語を元々話しますので、イタリア語とドイツ語に加えラディン語の3つの言語を日常語として話せます。さらにリゾートで働く人たちは英語は共通語となるため4つの言語は最低話せるということです。こういったところも世界中からのお客様に対応できる特徴なのだと思います。

↑ コルフォスコから見たセッラ山塊

↑ ラヴィッラから見た サス・ドラ・クルスク

↑ コルヴァらから見た サッスンガー

私はこのアルタ・バディアと関わって既に10年以上になりますが、付き合う人たちが、いい人ばかりで感動しています。彼らはイタリア人である前にラディン人であって、チロル人であって、誇りを持って生きています。そんな人たちに出会えたことに感謝です。

人、景色、食事…
私にとって何度訪れてもまた行きたくなる場所がアルタ・バディアなのです。

 

GWにチロルをお楽しみいただいたお客様からの声です。ありがとうございます!

**********
2019.4.30
ミュンヘンに到着。古きよき街並みと美味しいランチを楽しみました。ヨーロッパでは、春にホワイトアスパラガスを食べるそうです!

 2019.5.1
チロルのアパートからは素晴らしい景色! オーナーのマーティンさんの山小屋までハイキングして BBQを楽しみました。

2019.5.2
クラムザッハで渓谷ハイキング。新緑がとてもきれいでした。夕食はいつもご
ちそう! マーティンさんもアストリッドさんも素晴らしいシェフです!

2019.5.3
インスブルックを散策。アップルシュツルーデルやザッハトルテを食べて ザックを買って 大満足。アパートではチロル料理教室。クヌーデル作りは楽しかったです!

2019.5.4
アパートで最後の朝食。マーティンファミリーとの毎日は 楽しさやあたたかさがあふれていました。本当にありがとうございました! チロルはとってもステキなところ! また来ることができますように。

 

ピレネーと聞くと日本からはかなり遠い地だと想像する人も多いでしょう。

確かに日本からだと直行便はなく、ヨーロッパのどこかで乗換えてトゥールーズまで足を運ぶこととなり、さらにそこから車で2時間走って、漸くフランス側の拠点であるルルド周辺に到着できます。もちろんこのほかにもアンドラやスペイン側のアラン谷やオルデサ渓谷も旅の拠点となります。

ここでピレネー山脈に関して触れておきます。ピレネー山脈は、フランス南西部を東西に約430kmと長く聳えています。ピレネー山脈を挟んで北側がフランス、南側がスペイン、中腹にはアンドラ公国、西が大西洋、東は地中海です。最高峰は3404mのアネト山でたくさんの3000m峰が連なっています。またサンチアゴ・デ・コンポステッラ巡礼路の通過点としても栄えていて、古くから文化がとても栄えているところです。西側の大西洋側、ビスケー湾沿いのバスク地方は世界一の美食の場所としてもよく知られ、夏はハイキングや自転車、冬はスキーなどが楽しめ、ピレネーを取り巻く環境は、ネタが尽きることがありません。

私自身もこの10年以上の間、特にフランス側のピレネーの人たちと仲良くしていただき、特別な時間を過ごすことができました。

それではとりあえず、写真で紹介させてもらいます。まずは自然をご覧ください!

落差ヨーロッパNo.1、423mのガヴァルニーの滝(フランス)

GAVARNIE2

古くからスペインとの交易の場として栄えたスペイン橋(フランス)

P.ESPAGNE

スペイン橋を上がったところにある美しい湖ゴーブ湖(フランス側)

LAC DE GAUBE

ゴーブ湖の奥に聳える秀峰ヴィニュマーレ峰(フランス)

VINEGMALE

オッソウ谷の奥に聳えるピック・ド・ミディ・ドッソウは魚が上を向いたような形で特徴的です(フランス)

OSSAU

トルラが拠点のピレネーのグランドキャニオンといえばオルデサ渓谷、凄いスケールです(スペイン)

ORDESA

ベナスケが拠点のピレネー最高峰アネト山(3,404m)とアイギュワッツ湿原(スペイン)

ANETO

どこも初級者から上級者までを楽しませてくれるハイキングコースがあります。アルプスの山々とはまた少し違った印象のピレネーは何度行っても魅力がぎっしり詰まった場所です。

2018年12月9日にの世界遺産の番組でフランスのオーヴェルニュ地方【シェヌ・デ・ピュイ火山群】が特集されていました。

このオーヴェルニュ地方の中心はクレルモン・フェラン、タイヤメーカーのミシュランの本社がある街です。溶岩を使用して建てられた真っ黒な教会が印象的です。

CLERMONT FERRAND

世界遺産には今年2018年に登録されました。

この地域は日本ではヴォルヴィックの飲料水のラベルで有名です。ヴォルヴィック村はクレルモン・フェランから北に15km位のところに位置します。この地域の水は日本人に馴染みやすい軟水の為、違和感なく美味しい水が頂けます。

私が訪れた時は雲が多くてよい写真がないのですが、この火山群の最高峰がピュイ・ド・ドーム(1464m)へは登山列車で簡単に登れました。

PUY DE DOME RAIL

ここからみると、この火山群がとても綺麗に繋がっているのを見ることができます。さらに頂上からは下りのハイキングを楽しめ、隣の山へも登れます。どちらの山も山腹は美しいブナの森になっていて気持ち良いハイキングを楽しめます。

CHAIN DE PUY

HIKING

ここオーヴェルニュ地方はまだまだ日本では有名ではないのですが、古き良きフランスの田舎風景を味わえる地域で自然も豊かでとても良いところでした。

クレルモン・フェランから南へ130km所に位置するル・ピュイ・アン・ヴレーはサンチアゴ巡礼路のル・ピュイの道の拠点としても有名なところです。

LE PUY EN VEREY

ピュイ・ド・ドーム以外でもピュイ・ド・サンシー地区でもハイキングは盛んで、食事も美味しい水を使用した料理を楽しめます!

ネットの普及でどんどん世界が小さくなってきています。私がこの仕事を始めたころはチロルの情報などほとんどなく、山小屋の情報となるとさらに少なかったのですが、今ではトリップ・アドバイザーなどを翻訳してみると、結構情報を集められるようになりました。

それでも人気のスイスと違ってチロルやドロミテの日本人からの情報は少ないので、頑張ってあげていこうと思っています。

今日はチロルの州都インスブルックから列車で40分ほどで到着するゼーフェルトという村をご案内します。

標高1200mにある高原の村ですが、ヨーロッパでは冬季はノルディックスキーのメッカとしてとても有名な村です。アルペンスキーもできますが、冬に街を歩くと細くて長くて軽いノルディックスキーの板をもって歩いている人を多く目にします。日本のスキーリゾートではあまり見ない光景です

冬の村の中心も賑わっています

SEEFELD冬

ゼーキルヒルの横はノルディックスキーのスタート/ゴール

SEEFELD冬

アルペンスキーもできます

SEEFELD冬

そして夏はハイキングやウォーキングを楽しむ人で賑わいます。ヨーロッパでは日本と異なりゴルフ場はそれほど多くありませんが、ゼーフェルトでは高原ゴルフをお楽しみいただけるのも、人気の理由です。

この高原の村は明るくとても落ち着いた雰囲気の村で何度行っても楽しめるリゾートです。

最も有名なハイキングコースはケーブルカーとロープウェーでゼーフェルダーヨッホまで上がりここからゼーフェルダーシュピッツェを往復するコースで、初心者からお楽しみいただけるとても展望の良いコースです。

ゼーフェルト三山 左からゼーフェルダーシュピッツェ、ヘルメラーコプフ、ライターシュピッツェ

SEEFELD夏

2018年ここのケーブルカーから乗り継がれるロープウェーがリニューアル工事をして、運送料が大幅にアップしたのでこれまでよりも待ち時間が少なくゼーフェルダーヨッホへアクセスできます。

ここからドイツ最高峰のツークシュピッツェも望めます。正面にどっしりとしていて存在感のある石灰岩の山、ホーエムンデも印象的な山です。

山を歩くのが苦手な方は勾配の少ないヴィルト湖周辺の散策がお勧めです。途中、木に登るリスに出会えるかもしれません。

後ろに見えるヴェッターシュタイン山群の裏側はドイツ

WILDSEE

ヴィルト湖周辺は快適な遊歩道になっています

WILDSEE

私の友人のマーティンが村外れの農家で料理教室やBBQなどもやってくれます。充実したチロルライフをご提案できます。