スペイン

     みなさんこんにちは、年明け早々緊急事態宣言で、今年こそヨーロッパ旅行!というムードが薄くなってきていますが、今後に向けての情報を発信してまいります。
     ETIAS(エティアス)EUビザの導入が当初の2021年1月、つまり今月からの予定が、2022年末まで延長されました。
     ETIASとは、”European Travel Information and Authorisation System”(欧州渡航情報認証制度)のことで、アメリカなどで既に導入されている電子渡航認証システムと同様の電子渡航者認証制度なのです。
     これまで日本国籍の方人は、EU諸国への渡航にはパスポートのみで渡航が可能でしたが、2022年末のETIAS導入後は、シェンゲン圏の国々へ渡航する場合、事前にETIASの認証を受ける必要があります。
     ETIAS申請はオンラインで行います。料金(7ユーロの予定)の支払いはクレジットカードのみとなります。
     なお、ETIAS入力内容は、アメリカなどの電子渡航認証システムへの入力内容と基本的な入力内容は同じで、まず、名前や生年月日、国籍や出生地、住所、メールアドレス、電話番号などの申請者の基本情報のほか、パスポート情報、渡航予定国などの情報のほか、入国適格性についての質問として、過去10年以内の重大な犯罪歴や感染症に罹患していないか、紛争地域への入国歴の有無などを問う質問が含まれると予定されています。入力は当然ですが正直に事実に基づき申告することが求められます。
     また、ETIAS申請後、認証を受けるまでの期間は最大4週間とアメリカなどと異なりとても長くなっているので、渡航予定がある方は十分に余裕をもって申請する必要がありそうです。ETIAS認証の有効期限は3年間有効となり、その後一度の渡航につき90日間の滞在が許可されます。しかし、ETIASが認証されたからといって入国が保証されるものではないという点はアメリカのESTAなどと同様です。さらに、年間に合計滞在日数が180日以上となる滞在を伴う渡航を繰り返していると、入国拒否を受ける可能性もあるので注意してください。
     まだまだ導入までは十分時間がありますが、今後導入に向けてwalkworldでも最新情報を更新していく予定ですのでよろしくお願いします。
     みなさま2021年、あけましておめでとうございます。
     今年もよろしくお願い致します。

     と言っても、静かに2020年が終わり、静かに2021年が始まった感じがします。
     ところで、ヨーロッパに定期的に行ってお仕事されていた方は、今どうされていますか?walkworldでは長い間共にお仕事をさせていただいた現地在住のガイドさん達との繋がりが、コロナ禍でも同様に続いています。しかし現地に在住の方々も私達との繋がりのある方々は観光産業に従事されている方ばかりなので、日本同様に一気に仕事がなくなり困っているようです。
     もし日本の企業の方で、ヨーロッパでの仕事ができなくて困っている方がいらっしゃれば、うまく場所とご要望が合えば、代理に行ける方をご紹介させていただくことができるかもしれません。
     内容は、オンライン視察代行・オンライン商談代行などで、これまでの実績または知識的に豊富なカテゴリーは、ワイン、食材、スポーツ用品関連などですが、何でもお問い合わせください。


    ご紹介できそうな場所は
  • イタリア:ヴェネチア、フィレンツェ、ミラノ、ローマ
  • フランス:パリ、トゥール、トゥールーズ、ニース、シャモニー
  • スペイン:バルセロナ
  • オーストリア:インスブルック
  • ドイツ:オーバーハウゼン、ミュンヘン
  • など
     少しずつですが、今の自分たちにできることを見つけていくしかないですね。皆様のお役に立てるようこの2021年を歩んでゆきたいものです。
     メリークリスマス
     早いもので2020年最後のブログになります。

     最初にヨーロッパのスキー場の状況をお知らせしておきます。
     今週ヨーロッパはクリスマス・ウィークです。例年ならばヨーロッパ各地のスキー場はとても賑わっていますが、今年はコロナの感染拡大で、様子が全く異なっています。フランス、イタリア、ドイツなどの主要な国のスキー場は、年末年始の営業を止め、年明けの1月2週目くらいからの営業を目指しているようですが、いつからオープンという確定はしていないようです。スキー場関連の損失はすごいでしょうね。そんな中、オーストリアのスキー場は運航リフトを限定して、ホテルやレストランは閉めたまま12月24日から営業再開するそうです。ただ12月26日から1月18日まで3回目のロックダウンを行うようなので、街のレストランや店舗などは営業されません。スキー場には人が来るのでしょうか。よくわからない状況ですね。
     また、スイスだけはスキー場を全面営業していて、日本を含む一部の国からの入国者に対しての隔離要請もありません。ということは日本に帰国してからの隔離を覚悟すれば、スイスでスキーを楽しむことは可能ということになります。
     ちなみにスイス航空は、週1便ですが、2021年3月から関空→チューリッヒ線の運航を再開します。
      日曜日のみ LX159 関空09:30→チューリッヒ14:10
      金曜日のみ LX158 チューリッヒ21:45→関空17:00+1日
     行けるとか行けないとか、旅行の話をするのが良いとか悪いとか、色々と私も皆さんもご意見はあると思いますが、今回は情報だけをお知らせしておくことにします。  
     そしてスキーシーズンの次は夏のハイキングシーズンですね。ヨーロッパ・アルプスでは6月くらいからお勧めのシーズンが始まります。次の夏は皆さんそんなに積極的に渡航しそうにありませんんが、それでも行かれたい方は、少なからずいらっしゃると思います。そんな方のお役に立てるよう情報収集に努めてゆきたいと思っています。何より安心安全に旅行していただきご満足いただければといつも思っております。  
 
     2020年は3月以降、旅行業界、特にヨーロッパを専門にしている私にとっては、何もかもが止まった状態でした。これまでの人生、調子が悪くても、今年のように止まるということはなかっただけに、この初めての経験と、どうつきあうべきか悩まされ続けています。
     しかしなんとかこの難関を乗り越えて、来年は『止まる→動く』という感じで、大好きなこの仕事がまた出来るようになって、旅行に行っていただける方々に、本当に楽しんでいただけるように、引き続き努めてゆきたいと思っています。

     いつもご贔屓いただいている皆様、

     コロナ禍でお気遣いいただいた皆様、

     ほんとうに感謝しております!

     来年はそんな皆様のお役に立てるよう、状況も変わってゆくことを願っております。

     2021年は、1月8日(金)からまたブログを発信してゆこうと思っています。

     それでは皆様、良いお年をお迎えください!

2021年は丑年でしたね!よろしくお願いします。

     ピレネー山脈は、大西洋から地中海にかけてイベリア半島の付け根を東西430㎞にわたり連なっています。フランス、スペイン、アンドラの3国が所有しています。ここではスペイン側のピレネーハイキングの前後で是非訪れてみたい村を取り上げてみます。
     アインサ / Ainsa
    スペイン、アラゴン州、ウエスカ県
    標高:569m
    人口:約2200人
    「スペインの最も美しい村」の全68の村の中のひとつ

     マヨール広場を中心に、コンパクトな中世の城壁の村は1時間もあれば全て見て回れるサイズの村です。サンタ・マリア教会の鐘楼に登り、天気の良い日は、オルデサ渓谷、アラ川とシンカ川の合流地点、村の中心マヨール広場などを見下ろすのがお勧めです。

     アルケサル / Alquézar
    スペイン、アラゴン州、ウエスカ県の自治コミュニティ
    標高:660m
    人口:約300人
    「スペインの最も美しい村」の全68の村の中のひとつ

     アインサの南30㎞程のところに、ヴェロ渓谷に沿ってある崖にできたような村で、離れてみると浮かび上がっているように見える。キリスト教の村アインサに対抗して9世紀にできたアラビックな印象もあるイスラム教の砦の村です。村の周りにはオリーヴとアーモンドの畑が周りに広がっています。また渓谷と奇岩で有名な石灰岩層のシエラ・グアラ自然公園への玄関口の村としても利用されています。

     ボイ=タウル / Boi=Taull
    スペイン、カタルーニャ州、レイダ県、ボイ渓谷
    標高:1110m(ボイ)~1520m(タウル)
    人口:約500人(ふたつの村の合計)
    ボイ渓谷の動画はこちら!

     『ボイ渓谷のカタルーニャ風ロマネスク様式教会群』として世界遺産登録されているこのボイ渓谷の上部に位置するタウル地区のサント・クレメント教会のフレスコ画はとても素晴らしく、これほどまで不便な場所ですが、多くの観光客が訪れています。サント・クレメント教会のビデオマッピングは1日8回上映されていますので、是非ご覧ください。

     トルラ / Torla
    スペイン、アラゴン州、ウエスカ県の自治コミュニティ
    標高:1060m
    人口:約300人

     オルデサ渓谷ハイキングや登山の拠点となる村です。古くからピレネー越えルートにあるサンチアゴ巡礼の村としても栄えた小さな石造りの村で、周辺の壮大な大自然の中にひっそりとたたずむ感じです。村からオルデサ公園内へは、シャトルバスが運行していて簡単にアクセスでき、歩きやすいハイキング道を気持ちよく歩けます。

     こんにちは、最近おすすめの手配旅行を新規で4本アップしました。 と言っても 現状感染拡大しているヨーロッパ、なかでも特にイタリアやスペイン、なんとか2021年にはまた旅行できる環境に戻っていることを願って、下記のようなラインナップにしています。
     ※コースタイトルの太文字をクリックするとツアーページにリンクしています!
プロセッコ、ヴァルドッビアーデネ
     イタリア北部・ヴェネト・グルメ旅行  ヴェネチア周辺のヴェネト地方は、山の幸も海の幸も楽しめ、食材が豊富な上、ヴェネチア本島では、バル巡りの文化もあり、とにかく色々な角度から食をお楽しみいただけます。
夜のサン・セバスチャン
     フランス&スペイン、バスク・グルメ・旅行  今バル巡りというと、スペインバスク地方のサン・セバスチャンが日本でも最も有名ですね。そのサン・セバスチャンを含む、フランスとスペインのバスク地方をたっぷり満喫していただける内容にしています。
セチューダ
     グランド・ドロミテ・ハイキング こちらはドロミテのハイライト的な場所を日本人ガイドのご案内で、回っていただける内容にしています。ご予算の問題もありますので、個人旅行よりも小グループ旅行向けです。
ホーエムートアルム・ハイキング(2670m、オーバーグルグル)
     オーストリア・チロル・ゼルデン・ホテル滞在 こちらは個人旅行でお得に1か所滞在でチロルのハイキングをたっぷりお楽しみ頂こうという内容にしています。ホテルのハイキングプログラムは、英語かドイツ語になりますが、話せなくてもハイキングは十分にお楽しみいただけます!
     というような感じで、新たなラインナップを加えてさらに見ごたえあるサイトになったと感じていただければとても嬉しく思います。
     何より早くヨーロッパでハイキングしたり、飲んだり食べたりできる日が来ることが第1ですね。
     ヨーロッパでは、1軒のレストランにゆっくり落ち着いて食事をしに行くこともあれば、仕事帰りなどに軽くバーでフィンガーフードをおつまみに、バーカウンターで立ち飲みしながら仲間たちと会話を弾ませ、話が盛り上がってくると次の店へと梯子するバー巡り文化もあります。

 ということで、今回は飲み歩き文化(バー/バル巡り)が古くから根付いている場所をご紹介します。

    ■サン・セバスチャン(スペイン、バスク州)

     バスクでバル巡りと言えば、代表的なサン・セバスチャン。ここには100軒以上のバルがあるようです。

    ここでのキーワードは、 
  • 微発砲白ワイン「チャコリ」(Txacolí)
  • 串刺しのおつまみ「ピンチョス」
  • 小皿料理「タパス」
  • 少しずつ多くの種類をいただけるバル巡りは、和食居酒屋に慣れた日本人には、とても嬉しいないようです。また店ごとに味も違うので1日だけだともったいない気もします。

▼こちらはバルの雰囲気 ※写真をクリックすると大きくなります!

▼こちらは美味しいタパスたち ※写真をクリックすると大きくなります!

バスク・グルメツアーはこちら!
      ■ヴェネチア(イタリア、ヴェネト州)

       ヴェネチアでは、バー巡りのことを「バーカロ巡り」と言い、おつまみのことを「チケッティ(Cicheti)」と言い、グラスワインのことを「オンブラ(Ombra)」と言います。

      お勧めのワインは、
    • 白ワイン「ソアーヴェ(Soave)」
    • 発泡性白ワイン「プロセッコ(Prosecco)」
    • 魚介類のフリットなどを片手に、プロセッコをお試しください!
      おすすめツアーはこちら!

      以前に書いたブログはこちら!

      もうひとつブログを書いています!
        ■ログローニョ(スペイン、ラ・リオハ州)

          同じ北スペインのバル巡りで言うと、サンセバスチャン(以下サンセバ)のバル巡りは、あまりにも有名ですが、サンセバに比べるともっと大人の雰囲気漂うのが、ここログローニョのローレル通りです。中でもお勧めの2店をご紹介します。

      • バル・ソリアーノ(Bar Soriano)
      • マッシュルームのピンチョス、 食べ物はマッシュルームのピンチョスだけ!これがまた美味!

      • ラ・タベルナ・デル・ローレル(La Taberna del Laurel)
      • 揚げジャガイモのソースがけ「パタタス・ブラヴァス(Patatas Bravas)」が有名。濃厚なパプリカ+アリオリソースのかかったジャガイモをお楽しみください。

          スペインバルのワインメニュー用語

        • 「クリアンサス(Crianzas)」: 赤ワイン、6か月以上オーク樽で熟成、出荷前に2年寝かせたもの
        • 「ホベネス(Jovenes)」:熟成させない若いワイン
        • 「ブランコス(Blancos)」:白ワイン

        以前に書いたブログはこちら!

         特にこの3か所が印象的でした。もちろん、まだまだ知らない場所もたくさんあるでしょう。またパリやバルセロナなどの大きな都市にも多くのバーはありますが、今回ご紹介の3カ所は、私がこれまでに訪れた場所の中でもバーが密集していて、次の店に簡単に移動できるのが特徴なのです。こんな感じで適当に賑わってる店に入って、軽く飲んで次の店にまた行くのも嬉しい旅の楽しみですよ!
         正直その頃になってヨーロッパへ渡航できるようになっているかどうかは、全く定かではありませんが、行けるのなら絶対に行きたい人のために効率よく回れる方法をご提案させていただきます。  
         まず日程ですが、今お調べしたターキッシュ航空の場合、下記のふたつの期間がまだお安く出ています。 ※航空運賃は、今後変動してゆきます。
          4/29(木)夜発~5/6(木)夜帰国の現地5泊8日間プラン
        または
          4/29(木)夜発~5/8(土)夜帰国の現地7泊10日間プラン
         
         航空券は今から手配しても早すぎません。個人webご予約ですと、ほとんどの場合、ご予約と同時に取消料がかかってきますが、弊社で宿泊先や他のサービスと共に手配旅行としてご予約いただきますと、すぐに取消料金は発生せず、状況見ながらご判断いただける時迄(約30~45日前まで)、取消料金なしで、航空券を押さえておくことが可能です。その為にも先に航空券を押さえて、その後宿泊先やアクティビティの確保をされることをお勧めします。  
         例えばターキッシュ航空は、中央~北イタリアですと、ローマ、ボローニャ、ヴェネチア、ミラノなどに就航していますので、うまく列車ををご利用になれば、途中人気のフィレンツェにも立ち寄れスムーズな個人旅行が可能になります。
         各所には日本人ガイドやアシスタントとのネットワークもございますので、お客様のご要望に応じて手配させていただくことも可能です。  
         お勧めプランは、ローマからフィレンツェ経由でヴェネチアへ移動するプラン(または逆)です。無理なく列車をご利用になり快適にご移動していただけます。 もちろんヴェネチアの前後にミラノにお立ち寄りいただくことも可能です。
         ご予算に余裕のあるかたには、優雅に専用車とガイド/アシスタントと一緒に周遊していただくことも可能です。
         一例としてイタリアを取り上げていますが、ドイツ、オーストリア、スイス、ベネルクス3国、フランス、スペイン、ポルトガルなどいずれも手配させていただけます。
         イタリアのギャラリーを上げておきます。
      アイギュアイエ湿原に流れ込むアネト氷河の水

      アイギュアイエ湿原に流れ込むアネト氷河の水

         ピレネー山脈最高峰・アネト山は標高3404mでスペインで3番目に高い山です。アラゴン州のべナスケ谷の東側に位置し、北斜面にはピレネー山脈最大の氷河があります。
         このアネト山の雄姿を眺めるハイキングコースは、べナスケ谷を走る路線バス(6月下旬~9月中旬まで、1日6便ほど運行/片道8.2euro、往復12.5euro)で、ベスルタ終点まで行きます。※オスピタル・ド・べナスケという3星ホテルまで一般車でも入れますが、それ以降は許可車のみなので、べナスケの町からは、この路線バス(許可車)に乗ってベスルタまでアクセスすることになります。
         ハイキングはこのベスルタバス停から始まります。アイギュアイエ湿原を目指します。直接この湿原を目指せば約1時間~1.5時間で、アイギュアイエ滝を経由してアイギュアイエ湿原へと辿り着けますが、アネト山登頂する登山者が多く宿泊するレンクルーサ小屋(2138m)を経て、峠を一つ越えてアイギュアッツ湿原経由でベスルタに戻るループコースだと約3-4時間のそれほど難しくないハイキングが楽しめます!峠を越えて下りはじめると、広く開けた湿原を見下ろせとてもきれいです。
        湿原を経てすぐに迫力ある滝がありますが、この滝から流れ落ちる水は伏流水になり、東側のヴィエリャ側から再度流れ出しているようです。さらに下っていくとベスルタ道路が通る谷の向こう側に見える山々の景色も素晴らしく、最後まで楽しいハイキングをお楽しみいただけます。
      ※今回はギャラリー形式にしてみました。クリックすると大きくなります!ご覧ください。

       こんにちは、ホームページを来年2021年用に更新しています。
      新コースを追加したり、各コースのギャラリーの写真をさらに追加したりと、この時期だからできることをコツコツ始めました。こんな感じなので、もし将来のヨーロッパ旅行の相談がありましたらいつでもどうぞ!

      写真はインスブルックの街中を走るトラムです。昔と全く変わってしまってカラフルです!

       ヨーロッパ・ハイキング特集です!ヨーロッパでは色々な言語で縦走路を意味する言葉があります。さらに高い/高所の意味がイタリア語でALTA、フランス語でHAUTE、ドイツ語でHOEHEとそれぞれ言います。そしてヨーロッパ各所には、これら高所をつなぐ山岳ハイキングルートが、きっちりと整備されて存在しています。

      ※各国語、高所縦走路の呼び方  ①ALTA VIA/アルタヴィア(イタリア語) ②HAUTE ROUTE/オートルート(フランス語) ③HOEHENWEG/ホーエンヴェーグ(ドイツ語) ④HIGH ALPINE ROUTE/アルパインルート(英語)

      ※ walkworldが選んだ ヨーロピアントレイル(ヨーロッパ・ハイキングルート) ベスト3

      1. TOUR DU MONT BLAN(TMB)/ ツールドモンブラン/約170㎞
      2. ALTA VIA DOLOMITI  No.1 /アルタヴィアドロミテ/約150㎞
      3. HAUTE ROUTE/オートルート/約180㎞
      4.  ヨーロッパでもっとも有名な山小屋縦走路は何といってもTOUR DU MONT BLAN(TMB)/ ツールドモンブラン/約170㎞ です。
        ただこの縦走路のフランス側はフランスのHAUTE ROUTEの一部、イタリア側はイタリアのALTA VIAの一部ということになります。

        ツールドモンブランのツアーはこちらをクリック ツールドモンブランの道標

         次にイタリアでALTA VIA/アルタヴィアという言葉を使用したルートで 最も有名なのはALTA VIA DOLOMITI  No.1 /アルタヴィアドロミテ/約150㎞です。 ALTA VIA DOLOMITI  No.1 に関しては、こちらのページをご覧ください!


        アルタヴィアドロミテNO.1ツアーはこちらをクリック

         
        実はALTA VIA DOLOMITIにはこのほかNo.2~6まで存在しています。 もちろんイタリア中に別のALTA VIA~もあちらこちらに存在します。

        写真は、ALTA VIA DOLOMITE 1のセネス小屋正面の牧草地はかつて軍用の滑走路

         続いてフランス語を使ったHAUTE ROUTE/オートルートで最も有名なのは、シャモニー~ツェルマット/約180㎞を繋ぐルートです。ただ、フランス中 には別のオートルートも多く存在します。
        特にフランス国内ではHRP=オートルートピレネー(GR10)/180㎞やコルシカ島を南北に縦断するのGR20/180㎞がとても有名です。

        ピレネー国境越えツアーはこちらをクリック
        写真は、 ピレネー、フランス側 GR10ゴーブ谷の南端の秀峰ヴィニュマレ峰

         HOEHENWEG/ホーエンヴェーグはドイツ語ですが、ドイツには高い山が少なく、オーストリアのチロルや、イタリアのドイツ語圏、南チロル州のドロミテにも多くあります。 中でもオーストリアのチロル州を東西に連なるADLERWEG/アドラーヴェーグ/300㎞ (イーグルウォーク/英語名)は最も有名で、そのコースの南側にあるチラータールのZILLERTALER HOEHENWEG/85㎞やシュテューバイタールのSTUBAIER HOEHENWEG100㎞も氷河を眺めながらしっかり歩け、ツールドモンブランなどに比べ人も少なく静かに歩けるルートとしてもとても有名です。

        ベルリナー縦走路ツアーはこちらをクリック
        写真は、 ZILLERTALER HOEHENWEG で最も有名なベルリナー小屋

         また、こちらは高所ではありませんが、チロルらしい牧歌的な風景が広がるLECHWEG/レッヒヴェーグ/125㎞はレッヒからドイツのフュッセンまで続く下り主体のルートで、 この周辺でも特に水のきれいなレッヒ川に沿って歩けます。さらにアルプスの山々も眺め、この土地古くから生活を営む農家が点在する温かい雰囲気の谷を歩け、宿泊もペンション(民宿)からホテルまで選択肢が多く、食事も美味しくおもてなしも素晴らしいヨーロッパ内でもとても人気があるコースなのです。

         HIGH ALPINE ROUTE/アルパインルートはヨーロッパでとても山歩き好きなイギリス人が付けた英語名で全てのルートに該当します。

         あなたはどんなルートに魅力を感じられますか?

         上記以外にも、私のイチオシはイタリア北部のアオスタの近郊にある TOUR DU MONT FALLERE(TMF)/ツールドファッレーレ/35㎞からはアルプスの名だたる名峰の山々、モンブラン、グランドジョラス、チェルヴィーノ(マッターホルン)、グランパラディーゾなどを望めることができ、さらに山小屋のクオリティーも素晴らしく最高の山小屋縦走旅行を約束してくれます。

        ツールドファッレーレツアーはこちらをクリック

         walkworldではこれらの縦走路の宿泊手配、荷物の搬送手配、ガイドの手配(英語)、ルートのご案内(地図をお作りします)まで、お客様のご希望の日数や難易度に応じてカスタマイズしてご案内させていただきます。

        ※ただしルートのご案内だけは致しかねます。宿泊、搬送、ガイドなどの手配のうち2つ以上のご依頼からご相談に応じさせていただきます。

         何卒ご理解のほど、よろしくお願い致します。