北部イタリアのヴェネト州といえば、ヴェネチアが特別に有名ですが、 お勧めできるのはヴェネチア観光だけではありません。 ヴェネチアのバーカロ巡りというバル巡り文化が、昔から暮らす漁師たちの間では日常のひと息つける生活の一部です。

ヴェネチア以外の場所でも、パドヴァでは美味しいタコ料理をいただけ、少し北に足を延ばし、バッサーノデルグラッパで蒸留酒グラッパをいただき、アジアゴではとても有名なアジアゴチーズを、ヴァルドッビアーデネの美しいワイン畑の丘陵地帯にあるワイナリーで、発砲ワインのプロセッコいただくなど、美味しいものにこと欠きません。

ところで、イタリアはほぼオリーブオイルを使って料理をしてくれるので、バターを使って料理する北部ヨーロッパに比べ、胃もたれはしにくいのですが、「美味しい美味しい」と言って食べていても、肉主体の料理をいただくには限界があります。しかしここヴェネトの料理は、魚介類主体でオリーブオイルでの調理法が多く、胃への負担が少しは軽く済むのです。食べ過ぎると同じですが…。

「ヴェネトで食べ歩き…」想像するだけでも幸せな気分になります。今ウィルスで大変なイタリアですが、本当に気軽に訪問できるように早くなってほしいものです。

写真は、ヴェネチア本島の裏通りのバーカロ